コミュニケーション(広告・PR・デジタル)業界の転職支援

就職支援サービス 無料の申込み
転職支援・人材紹介・求人情報のアドベンチャーズ > お役立ち情報 > 広告制作会社の仕事(仕事内容、職種、平均年収・給与、転職など)

広告制作会社の仕事(仕事内容、職種、平均年収・給与、転職など)

tips_production_main

■広告制作会社とは?

広告の企画や制作を行って、広告物を提供する会社。「広告制作プロダクション」と表現する場合もあります。

ちなみに、「広告会社」というと広告代理店を指す場合が多いようです。

■広告制作会社の仕事

発注主からの依頼に対してどのような広告にするか企画を立て、デザインやコピーを考え、最終的な広告物に仕上げます。

広告制作会社は、仕事の受け方の違いで2つに分けられます。1つが「広告代理店から仕事を受ける場合」で、もう1つが「広告を出したい企業から直接仕事を受ける場合」です。

前者は、広告代理店が企画の大枠を決めたうえで発注される場合が多く、下請けのようなかたちで制作実務を担当するのが一般的です。

ただし、広告代理店がとってきたナショナルクライアントなどの大きな案件や、マスメディアと呼ばれる多くの人の目に触れるような案件に関われる場合が多い傾向にあります。

一方、後者の場合は、代理店をはさまない分、企業担当者の意向を正確に理解し、それをきちんとクリエイティブに落とし込める力が重要です。クリエイティブ能力やコミュニケーション能力は、より高いものが求められます。

なお、制作会社ごとに、得意な分野や制作物があるため、事前に調べておくとよいでしょう。

■広告制作会社の職種

企画や制作を行う仕事のため、クリエイティブ部門の職種が中心となります。

ディレクターは、主に企画立案を担当します。仕事を受注するための営業の役割も行います。

コピーライターは、キャッチコピーなどの文章を作ります。広告制作会社によってはコピーライターがディレクターを兼ねる場合もあります。

デザイナーは、制作物のデザインを担当します。雑誌、ポスター、パンフレット、DMなどの紙媒体はグラフィックデザイナー、ホームページなどウェブ上の制作物はウェブデザイナーと呼ぶのが一般的です。

■広告制作会社の収入

広告業界の中では、平均よりも若干低めとなっています。

どの職種も「30歳で年収400万円」「35歳で年収500万円」というのが一つの目安です。もしこれよりも低い場合は、本人もしくは会社に何かしら問題がある場合が考えられますので、自分がそういうケースだという場合は相談してください。

なお、企業から直接仕事を受ける制作会社の方が、比較的年収は高めです。納期やクオリティの調整を直接交渉できるため、制作途中で予算が圧迫されることが少なく、取り分をきちんと確保しやすいからです。

■広告制作会社で求められる力

もっとも重要なのが「クリエイティブが好きかどうか」です。それに勝るものはありません。

アイデアを考えることが好きで、そのためには労を惜しまないタイプであることや、睡眠時間を削ってでも企画案を考えられるくらいの熱意がある人でなければ、仕事が続かないでしょう。

■広告制作会社に転職するには

どの職種も、特に資格は必要ありません。大事なのはそれぞれの職種の経験があるかどうかです。

デザイナーについては、IllustratorやPhotoshopなどのソフトが使えることや、基本中の基本と言われる「文字組み」の経験があることが必須条件となります。そのうえで、インデザインや3D関連のソフトが使えたり、イラストが描けると、転職の際に有利になる会社もあります。

基本的に、職種を問わず制作の経験が問われる仕事ですから、ポートフォリオ(作品集)をきちんと用意できなければ話になりません。

(広告・クリエイティブHRコンサルタント 太田芳隆

 

>広告制作会社の求人を見る

 

新卒アドベンチャーズ
▲広告・ネット業界志望の就活生はこちらへ