コミュニケーション(広告・PR・デジタル)業界の転職支援

就職支援サービス 無料の申込み

Webディレクターの仕事内容と年収

[職種ファイル]Webディレクターの仕事内容と年収

Webディレクターの仕事内容は?

WebディレクターとはWeb全般のディレクション(指揮)をする人。企画者、現場監督のような位置付けです。

必要なスキル・知識は多く、Webデザイン、システム、SEOやWeb解析等の技術的なところから、コミュニケーション能力、マネージメント力、営業力まであらゆる能力が必要とされます。

ただ、これらの知識を独学で深く学ぶことは難しいため、まずは浅く広く勉強してみるのが得策。Webディレクターの求人は実務経験が求められる場合が多いので、まずはWebディレクターアシスタントの求人から応募してみるのがよいでしょう。


Webディレクターの年収は?

Webディレクターの年収は20代後半だと390万円ほど、30代では約480万円といわれています。

IT業界のクリエイター系といわれる仕事の中では比較的平均年収の高い職種です。アプリやSNSなどの市場が大きくなっていることから、年収提示条件も比較的よい求人案件が多くなってきています。


Webディレクターになるにはどんな資格・スキルが必要?

Webディレクターになるために必ず必要な資格はありませんが、社団法人全日本能率連盟登録資格の「Webディレクター試験」というものがあります。

資格試験の難易度を、超難関「S」、難関「A」、普通「B」、やや易しい「C」、易しい「D」の5段階にランク付けするならば「C」相当。資格の有効期間は2年間となります。

また、そのWebディレクター求人の内容がシステム寄りのディレクターなのか、デザイン寄りなのか、営業寄りなのかなどによって求められるスキルが変わってきます。当然前職とできるだけ近い求人に応募する方が有利です。

Web業界はトレンドの移り変わりが速いので、その時に旬な技術や媒体に携わっていることが評価されやすいという特徴も頭に入れておきましょう。