コミュニケーション(広告・PR・デジタル)業界の転職支援

就職支援サービス 無料の申込み
転職支援・人材紹介・求人情報のアドベンチャーズ > お役立ち情報 > やりたい仕事で年収もアップした30代男性、その秘密とは⁉~転職成功ファイルVol.3~

やりたい仕事で年収もアップした30代男性、その秘密とは⁉~転職成功ファイルVol.3~

転職成功ファイル 湯目

アドベンチャーズの「転職成功ファイル」、第3回目は、ゲーム系Web制作会社から、広告制作会社へと転職したCさんの事例。担当は、広告業界の知識が豊富なHRコンサルタント湯目大輔です。さあ、さっそく見てみましょう。

転職成功事例

 


   Cさん (30歳男性)の事例

   ●転職前
  業種:Web制作会社
  職種:Webディレクター
  年収:420万円
      ↓
 ●転職後
  業種:広告制作会社
  職種:Webディレクター
    年収:500万円(80万円UP)

 

Webディレクターとしてステップアップするために

ゲーム系の案件を多く請け負うWeb制作会社で、Webディレクターとして働いていたCさん。毎日忙しく働く中でも、「ステップアップしたい!」という向上心に満ち溢れ、とても前向きな男性でした。転職を希望する理由は、「広告の仕事をしたい、そしてもっと大きな案件に携わりたい」という思いが強かったから。Webディレクターとしてのステップアップを望んでいたのです。

担当したのは、コンサルタント湯目大輔。自身もテレビの番組制作ディレクターや広告代理店の営業の経験があり、業界内の知識が豊富なHRコンサルタントです。

 

メディアをまたいだ大きな案件をやってみたい!

Cさんは、Webディレクターであるものの、当時はフロントエンド周りの細かい作業など、エンジニア寄りの業務を主に行っていました。スキルが身に付くにつれ、今度は企画や制作全般に携われる「広告の仕事」をやってみたいと思うようになったそうです。また、メディアをまたいだキャンペーンなどを行う大きな案件に興味があり、転職するならそのような案件に携わっている制作会社に行きたいと希望していました。

 

メディアミックスが強みの同社に、スキルがドンピシャ!

そこで湯目が提案したのは、とある広告制作会社。メディアミックスに力を入れている同社は、CMやグラフィック、映像、Webと、さまざまなメディアをミックスし、幅広いプロモーションを手掛けられることを強みとしていました。Webディレクターだけでなく、エンジニア寄りのスキルも持ち合わせているCさんは、汎用性の高い人材。湯目は、Cさんのスキルも転職希望理由も、同社にぴったりだと確信したのです。

 

カンヌ受賞の経験も。大きな案件にかかわれる

同社は、大手広告代理店からの大きな案件も多く、さらにカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル(旧:カンヌ国際広告祭)での受賞経験もあります。つまり優秀なスタッフがそろっているのです。大きな案件をやってみたいというCさんの希望が叶うとともに、企画やディレクションといった分野での、より早い成長が期待できる環境でした。

さらに湯目は、年収の面でも同社に働きかけます。当初のCさんの年収を、スキルと見合っていないと感じていた湯目。同社にはその旨を伝え、年収アップを計りました。同社にとってCさんは、まさに求めていた人材。見事年収アップも実現したのです。

今あるスキルを活かしながら、やりたいことが存分にでき、さらに年収もアップするという好条件。迷うことなくCさんは入社を決め、今では新しい環境で活躍しています。

そして湯目は、Cさんからはもちろん、同社からも「こんなに素晴らしい人を紹介してくれて、ありがとうござました」と、感謝の言葉をいただいたとのこと。求職者と採用企業のどちらも幸せになる転職となり、湯目もうれしそうな表情を浮かべていました。

 

何度も足を運ぶ湯目だからこそ、知っていることがある

数多ある広告の制作会社。Cさんは当初、後に入社することになるその会社を知りませんでした。それでも魅力を感じ「受けてみたい」と思ったのは、湯目が同社に幾度となく訪問したことで、社内事情や、社員の方々の雰囲気、書面だけではわからない魅力をCさんにしっかり伝えることができたからと言えるでしょう。

アドベンチャーズのコンサルタントは、求職者の方の現状と希望を正しく把握し、最もフィットする企業をご紹介します。キャリアでお悩みのことがあったら、ぜひアドベンチャーズへ。あなたの希望業種に詳しいコンサルタントとお話してみませんか?