コミュニケーション(広告・PR・デジタル)業界の転職支援

就職支援サービス 無料の申込み
転職支援・人材紹介・求人情報のアドベンチャーズ > お役立ち情報 > 新卒1社目の成功体験が、その後の転職を左右するワケとは?~コンサルタントブログVol.24~

新卒1社目の成功体験が、その後の転職を左右するワケとは?~コンサルタントブログVol.24~

たそがれひとりごと 転職

きょうのコンサルタント
飯田賢平

新卒1社目の成功体験が、
その後の転職を左右するワケとは?

 

こんにちは。
ホールハートCOO飯田です。
最近、焦んがり焼け始めました。

当社は社会人の転職支援サービスの運営だけでなく、新卒アドベンチャーズという、アドベンチャーズのJrバージョンも運営しています。(創業時はこのサービスからスタートしました。)

新卒アドベンチャーズ2016

新卒アドベンチャーズ2017

新アド

そう、新卒、中途の両方をご紹介する事ができる、業界でも稀な会社なのです。

一人のコンサルタントが両方を担当する事で、企業様の採用課題に真剣に向き合い、上層部とかなり密に関わらせて頂いています。(もちろん、全部ではございません)

採用課題の枠を越えて、新規事業の基盤構築やクライアントをご紹介し、新たな事業拡大のキッカケを作る事に関わる事も多々あります。

で、前置きはさておき。

最近の私の業務の半分以上を占めるのが、新卒採用支援です。

8月の大手企業(経団連所属企業)の面接解禁を前に、就職活動(面接・選考試験)が盛り上がって来ています。(厳密に言うと、第二のピーク)

例年よりも大幅に遅くなった事で、
8月の1ヶ月間で集中的に面接を実施する企業が多くなっています。

一次面接から最終面接、内定までを短期間でやるわけですから、
企業も学生も相当な体力が必要です。

夏休みどころじゃないでしょう。

この方針には賛否両論あり、度々ネットでも話題になっていますが、自分自身の考えとしては、どちらでも良いと思います。

今の時代、大手企業に行く事が正ではないですし、優秀な学生はどんなスケジュールであれ、効率よく就活を進め、内定を取ります。

優秀な学生に共通しているのは、学生時代から社会人と関わる体験をたくさんしている事が多いということ。

また、早期から就職活動を意識した行動をしているため、解禁時には、異様に大人びた子が多いです。

中途の方とご面談する際に、意識して見ているのが、1社目に入った会社がどんな会社だったか。

ご面談時には新卒でどんな会社を受けて、どうしてこの会社に決めたのかをヒアリングさせて頂いております。

社会人としてのキャリアをスタートする1社目は非常に大切ですから。

良い大学を出たのに、就活を適当にしてしまって、ひどい会社に入社してしまった方をお見受けする事があります。

人事に騙されたと表現する方も。

1社目で成功体験がないまま転職する事は難しく、基本的に、第二新卒で採用している会社しか選考を受ける事ができないので、接触企業数は新卒時より激減します。

ネガティブな転職の場合、早く辞めたいという気持ちが強くなり、企業選びよりも先行する場合があります。

この場合、非常に危険です。

企業選びよりも辞める事を優先しているわけですから、冷静な判断が出来なくなっています。

かなりの確率で次の転職も失敗する可能性が高いです。

自分自身、偉そうに言えるほどの就職活動をしたわけではないですが、最初に入る会社は決して、適当に選んで欲しくないなと思います。

いっぱい悩んで覚悟を決めて内定承諾をして欲しいです。

色んな業界、色んな会社を無差別に見れる、人生で1回だけの超貴重な機会です。

最高の思い出を作る気持ちで就職活動を乗り切って欲しいですね。

と、ちょっと新卒寄りのお話になりましたが、就職活動をする学生さんと転職活動をされる求職者の方とたくさんお会いするなかで、感じた事を書いてみました。

今年の就活が一段落したタイミングでまた、触れたいと思います。

飯田賢平

 

 


コンサルタントブログ 転職 コンサルタントブログ 転職 コンサルタントブログ 転職 コンサルタントブログ 転職
コンサルタントブログ 転職 コンサルタントブログ 転職 Blog_sumnail_takagi2 コンサルタントブログ 転職