コミュニケーション(広告・PR・デジタル)業界の転職支援

就職支援サービス 無料の申込み
転職支援・人材紹介のアドベンチャーズ > お役立ち情報 > 仕事が楽しければ、恋愛も上手くいくようになるんです!~アラサー業界人のリアル事情Vol.2~

仕事が楽しければ、恋愛も上手くいくようになるんです!~アラサー業界人のリアル事情Vol.2~

業界人2
広告・インターネット業界で働くアラサー男女に、仕事のこと、家族のこと、自分のことについて、いろいろ聞いちゃう「アラサー業界人のリアル事情」。第2回目は、外資系ブランドのWEBメディアを仕掛ける31歳女性のインタビュー。とにかくおしゃれ~な環境で働いているようですが…。さあ、さっそく見てみましょう!

 年齢/性別/血液型 31歳/女性/O型
 名前 天野まあさ(仮名)
 会社種別 外資系ブランド会社のWeb事業部
 現在の職種 営業職
 年収 650万円
 転職経験 3回(入社2年目)
 英語 外資系だけど話せない
 資格 普通自動車免許
 座右の銘 「継続は力なり」
 趣味 掃除、洗濯、料理
 尊敬する人 父、姉、彼氏
 住まい 東京都世田谷区
 家賃 秘密

 

Q1.今の仕事内容を教えて!

某ブランドのWebメディアの営業をやってます。いろいろな企業とのタイアップ広告の営業です。ファッションを紹介するメディアで、会社は編集の人も営業の人もみんなセンスがいいです。外資系なので英語もペラペラの人ばっかりで、ミーティングが英語で行われることもありますね。私は全く話せないから、はっきり言って何の話してるかわからないんですよ。英語が飛び交い始めると、もう必死です(笑)。

Q2.どんな時にやりがいを感じる?

担当したコンテンツがすごく素敵な仕上がりになって、クライアントに喜んでもらえたとき。今の会社は、これまで働いてきた中で一番厳しい現場です。30歳を過ぎてこんなに怒られることあるの?って思います。社内の制作スタッフに「あんたみたいなレベルの低い人間と喋りたくない!」なんて言われたこともあるんですよ。その時は悔しいし悲しいし、すごくヘコむけど、でもそういう人って優秀で。要するに、仕事に対してすごく真面目でいつもホンキなんですよね。彼女たちのつくるものは本当に素晴らしい。だからどんなに怒られても、素敵なコンテンツができると、頑張って良かったって思うし、彼女たちと仕事ができていることを誇りに思います。

Q3.「私って業界人だなあ」と実感する時は?

めっちゃおしゃれなパーティーとかプレスリリース向けのイベント現場に立ち会ったとき。もうとにかくハイセンス。ひとつ前の職場でくすぶってたとき、「こんな世界で働けたらな」って思っていたから、今そこに自分がいるなんて信じられないですよ。それもきっと、やりがいにつながっていると思います。

Q5.転職して、お給料はどのくらい変わった?

最初の会社から次の会社に移ったとき、いきなり150万上がりました。最初の会社は年収400万円くらいで広告の制作会社でした。2社目で急に上がって550万くらいかな。大手広告代理店の子会社です。ただ残業はすごく多かったですね、楽しかったけど。3社目はPRの会社で550万円くらい。上がってはいないけど、残業がなしでした。時給で換算したら全然違いますよね。ただし、面白くなかった。だからまた転職したんです。それで今は600万くらい。順調に上がっていますよ。

Q5.お給料以外で、転職して変わったことはある?

めちゃくちゃあります! 仕事によって、考え方がガラッと変わりました。私、キャリアアップのために転職してるけど、1社目にいたときはとにかくやる気のない女子で。同期の女の子で、頑張りすぎて肌がボロボロになっちゃった子を見て「なんでそんなになるまで頑張るの? 意味わかんない、肌ボロボロになるなんて絶対嫌…」って思ってダラダラしてて。なるべく楽したい、くらいにしか考えてなかった。でもいつの間にか広告に興味が沸いていて、広い範囲で制作に関わりたいって思うようになったんです。2社目からは、こういうことやりたいとか学びたいとか思うようになって、実際転職って形で行動に移しているから、人ってわからないものですね。

Q5.今の仕事、生まれ変わってもやりたい?

絶対にやりたくないですね。
外資系って、成果主義なのですごいシビアなんです。仕事自体は好きだけど、環境が厳しいから。生まれ変わったら、広告代理店のAD(アートディレクター)になるか、それともキャビンアテンダントになって商社マンと結婚するとかね(笑)

Q6.今独身とのことですが、恋愛事情を聞いてもいいですか?

今付き合っている人いますよ。結婚もしたいな。実は、2社目のとき、26歳から29歳くらいのときですが、今の人とは違う男性と同棲してたんです。その人と結婚もすると思ってた。でも、3社目に転職したあたりから、うまく行かなくなったんです。仕事が合わなくて、毎日憂鬱でモヤモヤしてて。きっと彼にも当たったり、愚痴っぽくなったりしてたんですね。別れちゃったんですよ。あの時は本当に悲しかったなぁ。荷物を引き取って家も探して。会社も楽しくないし、そうゆう時って合コンに行っても全然モテない。暗黒の一年でした(笑)。

会社が悪いということではないんです。ただ、人には合う合わないってあるんだなって。あと、残業なしでお給料も良くて、はたから見たらすごくいい環境かもしれないけど、「やっぱり仕事はお金じゃない!」って痛感しました。どんどん可愛くなくなっていくような気がしてた。でも今の会社に転職して、仕事が楽しくなったら今の彼に出会って。おかげさまで仕事も恋愛も順調ですよ。

Q7.最後に、働く女性たちへメッセージをお願いします。

働く女性は、仕事の充実度で、キレイかどうかがすごく変わると思うんです。それは、疲れて体調を崩すとか肌が荒れるということではなくて、モチベーションの問題です。自分のやっている仕事に誇りを持てるかどうか、楽しめるかどうかでその人の魅力は断然変わってくる。それは、私が身をもって経験しているから間違いないです。

仕事が好きになれなくて、やりがいもないと、プライベートもグズグズになる。どこ行ってもモテないし、たとえば男性に食事に誘ってもらっても、次がないんです。つまり、つまらない女になってしまっているんです。

お給料とか残業時間とか福利厚生とか、ワークライフバランスって確かに大事だけど、本当に大切なのはそこじゃないと私は思ってます。若いころはそれがわからなかったけど。今は仕事だけじゃなくて、休日まで充実してるんです。料理が趣味なんですけど、料理教室に行っていろんなもの作ってみたり、部屋をピカピカにしたりして。

だから、とにかくみんな楽しんでほしいですね。何か一つでも、誇れるものや楽しめるものがあるだけで全然違ってくると思いますよ。