コミュニケーション(広告・PR・デジタル)業界の転職支援

就職支援サービス 無料の申込み

WEBマーケティング

株式会社リクルートライフスタイル

  • 年収:500〜1000万円
  • 勤務地:東京都

募集要項

求人ID 15978
仕事内容 【集客マネジメントストラテジスト】

■概略
事業経営者目線でリクルートライフスタイルの集客戦略を策定するマーケティングのコア職種

■ミッション
じゃらんnet/Hot Pepper Beautyといった既存サービスや、今後新たに創出される新規サービスを対象に、マーケティング戦略の策定・推進を行う仕事です。インターネット業界において、マーケット環境・競合環境は日々目まぐるしく変化するため、サービス成長においてマーケティングという機能はますます重要になっています。ウェブマーケティングストラテジストは、マーケティングに関連する動向に対して高いアンテナを立てて情報を収集し、大局を俯瞰したマーケティング戦略を策定するとともに、戦術マネジメントを行うことがミッションであり、リクルートライフスタイルにおけるマーケティング機能のコアとなる職種です。

■具体的な業務
マーケティング責任者として、事業責任者や開発責任者とともに、事業計画を策定します。主に集客計画策定を担い、戦略・戦術について社内のステークホルダーと合意形成をしながら、チームをマネジメントして実行します。

【コンテンツマーケター】

■概略
創業から根付くコンテンツマーケティングのDNA。コンテンツを武器にリクルートライフスタイルのファンを増やす

■ミッション
担当サービス内外の情報を「コンテンツ」という形に変え、ユーザーコミニュケーションを行いサービスの価値を高める仕事です。インターネットにおけるユーザーの情報消費行動は日々変化しており、情報提供の方法もその変化に適応する必要があります。コンテンツを入手・編集・流通させることでサービスのファンを増やすことが、コンテンツマーケターのミッションです。

■具体的な業務
担当サービスのマーケティング戦略に沿ったコンテンツの入手・編集・流通を行う仕事です。コンテンツを載せるメディアの開発から、コンテンツの企画・制作、エディター/ライターの開拓、編集、に加え、流通経路の開拓、流通のための施策実行を行い、ファンの拡大を目指します。ニュース/CGM/キュレーション/バイラル/動画など、日々変化するメディアの形態/流通手法のトレンドを捉えながら、各サービスに最適な手法を選択し、コンテンツメディアの責任者として施策を推進します。
必要業務経験 ◎下記のいずれかの経験を有する方
・SEO、インターネット広告、メール、ポイントなど複数のマーケティング施策の運用経験
・ウェブサービスのマーケティング戦略の立案・推進の経験があり、複数名のメンバーのマネジメント経験
・コンテンツメディアでの企画~編集経験
・WEBサービスに関する商品設計、クライアント業務設計経験
・新規サービス立ち上げ経験
・ECサイトの企画開発業務経験
・ユーザビリティに対する深い知識
・開発プロジェクトでマネジメント経験
・BtoB向けの営業経験
・プレゼンテーション能力
・チームビルディングの経験
想定年収 500〜1000万円
勤務地 東京都千代田区最寄り駅:東京
職種カテゴリー エンジニア/プログラマ:その他,コンサルタント:その他コンサルタント,クリエイティブ:[Web]プロデューサー/ディレクター
保険・福利厚生 健康保険・介護保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険
休日休暇 年末年始・夏季・GW・婚姻・産前産後・慶弔・忌引き・転勤休暇など

担当コンサルタントが語る「ここがポイント!」

林 拓弥

林 拓弥

リクルートライフスタイルの集客戦略を実行するポジションです。

会社概要

会社名 株式会社リクルートライフスタイル 業種
資本金 1億50百万円 設立年月 2012年10月1日
従業員数 2,537名 売上高 1,322億22百万円
企業情報 <概要>
飲食領域、美容領域、旅行領域、学び領域、通販・割引チケット共同購入サービス、その他日常消費領域に関わる商品・サービスの提供

<会社の特徴>
同社のビジネスは、グルメや美容、旅行、資格や習い事、ファッションなどの日常の生活をより豊かにするお手伝いをするためのサービスを提供するもの。これまで自分が過ごしてきた日常生活のなかで、「もっとこうすれば便利になるのに……」という思いをカタチにしています。暮らしが変われば変わるほど、サービス領域が広がり続ける、それがリクルートライフスタイルの事業領域なのです。「その日に行くお店を選ぶ」「気分に合った旅先を選ぶ」「お稽古を始める」など、毎日の生活のなかでは、“選ぶ”ことの連続。そこで、目的や気分に応じて、すぐにほしい情報をできるだけ簡単に取り出せるようにサポートする領域を「ライフスタイル領域」と呼んでいます。
求人一覧へ戻る