コミュニケーション(広告・PR・デジタル)業界の転職支援

就職支援サービス 無料の申込み
広告/PR/SP/エグゼクティブ層

エグゼクティブ コミュニケーションエージェント:小野 進一

経営者人脈から獲得した特別ルート求人も案内

広告業界に強力な人脈を持ち、1万人以上の求職者をサポートしてきた実績を誇るアドベンチャーズの筆頭コンサルタント。
元宣伝会議取締役。

CAREER経歴

FIELD専門領域


日本大卒

1991年クレディセゾン入社

1996年株式会社帝国データバンク入社

2002年宣伝会議グループ
マスメディアン代表取締役社長 就任

2008年宣伝会議
取締役 就任

2009年宣伝会議
マスメディアン両社の取締役 辞任

同年4月ホールハートを設立
代表取締役社長に就任

営業、広告、スマホ系、web、マーケ、エンジニア

EXAMPLE転職事例


最近、小野進一がお手伝いした転職の成功事例をご紹介します。

 

 30代・男性 

業種:ゲーム制作会社
職種:ゲームディレクター
年収:620万円
     ↓
業種:Web制作会社
職種:ゲームディレクター
年収:650万円(5%UP)

同職種の経験を生かして、業種を替えることで年収をアップさせたケースです。

 

 38歳・男性 

業種:Web制作会社
職種:エンジニア、デザイナー
年収:580万円
     ↓
業種:Web制作会社
職種:ディレクター
年収:820万円(240万円UP)

前職で培ったマルチなスキルを武器に、よりレイヤーの高いポジションへとステップアップした同業種転職の好事例。

 

 33歳・男性 

業種:PR会社
職種:営業
年収:500万円
     ↓
業種:SP会社
職種:PR部門長
年収:800万円(300万円UP)

前職の経験が買われ、転職先で新規事業立ち上げの責任者に就任。大幅に年収がアップした事例です。

 

 30代・男性 

業種:中堅総合広告会社
職種:プランナー
年収:650万円
     ↓
業種:大手総合広告会社
職種:企画部門 副部長
年収:800万円(150万円UP)

広告業界内で売上上位の代理店へステップアップした事例。

 

 42歳・女性 

業種:マーケティング会社
職種:プランナー
年収:800万円
     ↓
業種:総合広告会社
職種:マーケティングアナリスト
年収:820万円

高い専門性を生かし、40代×高年収帯での転職に成功したケースです。

 

担当求人情報

STYLEオンとオフの流儀


平日On style
  • 転職理由の本質を
    見つけ出す

    面談の中で、求職者本人も気付いていない転職理由の本質を見つけて企業とマッチングするのが得意。 「外からは分からなかったが、入ってみたら本当に自分の求めている会社だった」といわれるのが本望。

  • 目の前の人を幸せに
    することにこだわる

    人の喜ぶ顔を見るのが大好きな性分で、「目の前にいる人を幸せにする」のが仕事においても大きなテーマだ。 いつも相手に何かを与えられるようなことをして、“ありがとうの貯金”を増やしたいと考えている。

休日Off style
  • オフをオフと思わない。
    でもそれが心地いい

    経営者ということもあり、いつも考えているのは仕事や会社のことばかり。 休日に家族を都心のレストランへ連れていっても、つい「この店は会食にいいな」と考えてしまう。ただ、自分ではそれが心地いいと感じている。

  • ゴルフとクルマと
    グルメでリフレッシュ

    日曜日はほぼ毎週ゴルフ。運転も好きで、「4人分のゴルフバッグが裕に入る」という愛車のポルシェ・カイエンを駆ってリフレッシュする。 「歩く食べログ」といわれるほどの美食家でもあり、外食は週に12回(!)。